【2022最新版】FireHDタブレットのShowモードで写真をデジタルフォトフレームのように表示する方法

Firet Tablet digital photo frame Fireタブレット

今回はFireHDタブレットの『Showモード』で写真をスライドショー表示し、デジタルフォトフレームのように使用する方法をご紹介します。

Echoshowシリーズでは定番の機能なので、使っている人も多いと思いますが、FireHDタブレットでも『Showモード』を利用すれば同じように使うことが可能です。

ちなみに『Showモード』の詳細については下記の記事をご参考下さい。

買うならFireHD10Plusがおススメ!
マサオ
マサオ

FireHD10Plusなら10.1インチの大画面で写真が表示できるので、Echoshow5や8よりも大きく見やすいデジタルフォトフレームとして写真が楽しめます。

手順としては以下の通りとなります。

FireHDタブレットのフォトフレーム化手順
  • フォトフレームとして使いたい写真を準備する
  • Amazon Photosアプリをインストールし写真をアップロード
  • FireHDタブレットの設定で表示させたい写真が入っているフォルダを選択
  • 『Showモード』に切り替える

写真を準備する

まずはFireHDタブレットで表示させたい写真データを準備します。

準備するのはFireHDタブレット本体のカメラで撮影した写真、スマートフォンで撮影した写真、デジタルカメラ等で撮影した写真どれでもOKです。

Amazon Photosアプリを使用してアプリ内のフォルダに保存した写真を表示するため、FireHDタブレット本体カメラでの直接撮影もおススメです。

FireHDタブレットには Amazon Photosアプリがデフォルトでインストールされており、本体で撮影した写真は自動的にAmazon Photosアプリにアップロードされるので手間がかかりません。

また、FireHD8Plusは HD(1280×800ピクセル) 、FireHD10Plusは1080pフルHD(1920×1200ピクセル)でどちらもディスプレイは16:10の縦横比となっています。

『Showモード』は横向きでの使用しかできないため、縦長に撮影した画像は下の図のように左右がボケて見切れた状態に自動調整されます(クロップ)。

Show中のクロップ画像
Showモード時は左右がボケた横向きの画像に自動調整される(クロップ機能)

AmazonPhotosをインストール

まずは写真が入っている各端末にAmazonPhotosアプリをインストールします。

AmazonPhotosアプリ

スマートフォンの場合

スマートフォンで撮影した場合はiPhoneならAppストアからAndroidならgoogle play storeからそれぞれ AmazonPhotosアプリをダウンロードしてください。

〇Andoroid版をダウンロード

〇iOS版をダウンロード

デジタルカメラの場合

デジタルカメラで撮影した場合はパソコンに画像を保存し、パソコン用のAmazonPhotosアプリをインストールする必要があります。

Windows版、Mac版ともにこちらからダウンロード下さい。

〇Windows版およびMac版のAmazonPhotosをダウンロード

FireHDタブレットの場合

FireHD8タブレット・FireHD10タブレットで撮影した場合はAmazonPhotosアプリが最初からタブレット内に標準で入っているのでインストールは不要です。

アプリに写真をアップロードする

スマートフォンでのアップロード手順

まずはアプリ を起動します。

右上の『3点マーク』をタップするとポップアップが表示され、さらに『✓選択』をタップするとアルバムに入れる写真を選択できるようになります。

必要な写真のみ選択しアルバムフォルダにアップロードしていきます。アルバムフォルダが未作成の場合は『アルバムを作成』をタップし、好きなアルバム名を入力し新規にアルバムフォルダを作成してください。

また、設定変更で撮影した写真をAmazonPhotosに自動アップロードすることも可能です。個別にアップロードするのが手間に感じる方は設定しておきましょう。

自動アップロード設定方法

アプリ右下「その他」「設定」「自動保存」「写真」「スイッチ(トグルスイッチ)」「オン」にする。

マサオ
マサオ

家族で写真を共有できるファミリーフォルダをフォトフレームに使用するのもアリです。その場合一度写真をアップロードしてからファミリーフォルダに移動させましょう。

パソコンでのアップロード手順

まずはインストールしたAmazonPhotosアイコンをクリックし起動します。

次の画面が表示されるため赤枠のバックアップされた写真をクリック。

AmazonアカウントにログインするとインターネットブラウザでAmazonPhotosのページに飛びますので、アップロードしたい写真に☑チェックを入れ選択し上部の【アルバムに追加】をクリック。

フォトフレームとして表示させたいアルバムを選択し写真をアップロード。アルバムがまだ作成されていない場合は名前を付けて作成します。

FireHDタブレットでスライドショー表示させたいフォルダを設定

次にFireHDタブレット側の設定を行います。初期設定ではFireHDタブレットに最初から入っている画像のスライドショーが表示される設定となっているため変更していきます。

まずはホーム画面で「設定(歯車マーク)」をタップ。

設定

【設定】項目一覧が表示されるため【Showモード】→【ホーム画面】→【背景】の順にタップしていきます。

Showモード設定

以下の画面になるので【AmazonPhotos】を選択し、小さくオレンジ色で書かれている【変更】をタップ。その後アルバムフォルダ選択画面になるため、先に設定したフォトフレームとして表示させたい写真が入っているアルバムを選択します。

Showモード背景設定
マサオ
マサオ

アルバムフォルダを作成していなくてもAmazonPhotosにアップロードしている写真があればここで設定し表示することができます。

デジタルフォトフレーム完成!

あとはホーム画面で画面外上から下へスライドさせポップアップメニューを表示しShowモードに切り替えをするか、「アレクサ、Showモードに切り替えて!」と音声入力を行えばShowモードが起動され写真がスライドショーのように再生されます。

Showモード使用中

写真だけでなく天気予報やフラッシュニュースも表示されるため写真のみ表示させたい方は、【設定】→【ホーム画面のコンテンツ】に移動し、表示させたい情報だけを選択してください。

以上がFireHD8タブレット・FireHD10タブレットのShowモードで写真をデジタルフォトフレームのように表示する方法になります。

まれに画像フォルダの指定を変更したときに、変更が反映されないといった現象があるようです。その際は一度本体の電源を切ったり、再起動すると改善される場合があります。

FireHDタブレットをフォトフレームとして使用したい方には下記のタブレットスタンドがおススメです。お部屋のインテリアとしてグッとおしゃれに見えますよ。

Amazon’s Choice

ちなみにFireHDタブレットの上位機種FireHD8Plus・10Plusは専用のワイヤレス充電スタンドを使用することによってスタンドに置いて充電した際に自動的にShowモードに切り替える機能があるため便利です。

FireHD10Plusの専用ワイヤレス充電スタンドも最近販売が再開されました。こちらの記事を参考に代用品を購入するのもアリです。

Showモード中の画面スリープについて

追記になりますがShowモードを使用していると意図しないタイミングで画面がスリープ状態になってしまうことがあると思います。

Showモード中の画面は仕様上、充電中以外は一定の時間(約5分)が経過するとスリープ状態になり画面が消灯してしまいます。

EchoShowのように常時画面を表示させて使いたい場合は、充電コードを差して常に充電状態にしておくか、FireHD8Plus、FireHD10Plusのように専用ワイヤレス充電スタンドを活用することをおススメします。

スリープに関しては設定メニューで最大30分まで延長できる項目がありますが、これはShowモード中ではなく通常のタブレットモードのスリープに関しての設定で、Showモード中には適用されません。

また、充電中であっても午後22時~午前7時の間は一定の時間が経過すると画面が消灯し強制的にスリープ状態もしくはアビエントクロックの画面(内部的にはスリープ状態と同様)になってしまいます。

アビエントクロック画面
アビエントクロックの画面

FireHDタブレットをフォトフレーム化したのに頻繁にスリープ状態になってしまっては、せっかくの写真が楽しめないのでこれらの仕様は覚えておきましょう。

まとめ

今回の記事ではFireHD8・10の『Showモード』を利用してEchoShowシリーズと同じように写真をデジタルフォトフレームのように表示する方法について解説してきました。

しかし、EchoShowの『Showモード』と全く同じように使えるのかと言うとそうでない部分もあります。

「ナイトモード」など夜間に自動で画面を暗くしてくれる便利な機能はなく。常時画面表示のフォトフレームとして利用する場合にはタブレットを常に充電器につないでおかなければ充電切れの恐れもあります。

それと引き換えに美しい大画面でフォトフレームが見れたり、タブレットゆえに気軽に持ち運びができるというメリットもあります。

私としては大画面かつフルHDで写真を表示できるFireHD10Plusが一番おススメなのですがそこは好みによって使い分けるのが良いと思います。

買うならFireHD10Plusがおススメ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました